Internal Server Error等エラー時に特定ページへ遷移させる方法 – How to redirect when the Internal Server Error.

この記事は4年前に書かれました。不適当な記述を含む場合がありますので、参考程度に留めてください。

明けましておめでとうございます!toshikuraです。さっそくですが【Internal Server Error等、エラー時に特定ページへ遷移させる方法】について書いておこうかと思います。わずかながらでもネットを利用していると500エラーというページが表示される事があるかと思います。

Internal Server Error

このエラーの原因はhtaccessやCGIの設定ミス、アクセス過多等だったりしますが作り手としては困った問題です。そこでこの方法を実装していると500エラー時に任意の静的ページへ遷移させる事が可能です。ページ本体は見せる事ができませんが、多少なりページの存在を示す事で印象は変わるのでないのでしょうか。

.htaccessへの記述

・直接URLを指定


ErrorDocument 500 http://????.com/500.html

・ディレクトリを指定

ErrorDocument 500 /error/500.html

401,403,404エラーの際の表示

またこの他にも401,403,404エラー等もあり、それぞれ遷移先を指定しておくのが良いかと思います。


ErrorDocument 401 http://????.com/401.html
ErrorDocument 403 http://????.com/403.html
ErrorDocument 404 http://????.com/404.html

以上になります。2013年ついにスタートですね。本年も何卒よろしくお願い致します。

参照元:.htaccessの記述例